management_support

コストは高くなる傾向

東南アジアで会社設立をする際の費用

インドネシアで会社設立をするための費用は、日本国内で会社を設立するよりも高額な費用がかかります。費用が高額になる理由は、インドネシアには会社設立の代行を行う法律事務所や会計事務所が少ないためです。 インドネシアでの会社設立の費用を少しでも安くするためには、インドネシア国内に豊富な人脈があり、日本と現地の双方に社員が常駐している代行業者に依頼することが必要になります。 日本では資本金が1円でも会社を設立することができますが、インドネシアではそのような安い金額で会社設立をすることはできません。外国人がインドネシアで会社設立をするには、3000万円程度の費用が必要になります。インドネシア国籍の人を法人設立の発起人にすることができれば、約50万円で会社設立が可能です。

インドネシアのこれまでの歴史や変遷

インドネシアは戦前まではオランダの植民地でした。戦前は西洋諸国のアジア進出の拠点としての約割を果たしていました。第二次世界大戦中は日本軍が占領し、オランダとの独立戦争を経て1950年に独立しました。 インドネシアは石油の産地として知られており、戦後は石油の輸出が産業の基盤でした。経済の発展は遅れましたが、1990年代頃から急速に発展し、外国資本の参入が加速しました。日本企業も数多く進出するようになりました。 2000年代になるとさらに経済発展し、今では中国に代わる世界の工場としての約割を果たそうとしています。世界でも有数の親日国として知られており、インドネシアで会社設立をする日本企業は増えています。