復旧

最近増えてきたスマートフォンのデメリットの一つとして、故障を直す際にガラケーよりも費用が掛かる傾向にあるという所に有ります。
ガラケーと違って基本的には小さなパソコンなので性能は良いのですが、その分部品は割高になり故障の際の修繕などにはお金がかかってしまうのです。
またバッテリー一体型が増えてきた為、ちょっとした修理でも工場に送る必要があるという事も費用の増加に拍車をかけています。
しかし、最近ではスマホの需要が伸びてきたことも有ってガラケー時代までとは言いませんが値段が下がってきていますし、通信会社のみならず各メーカーも独自の保証や保険を打ち出し、どうにかして修理にかかる費用を抑えようと努力をしています。
それとは逆にメーカーを通さずにスマホの修理をしたりデータ復旧をしたりするサービスがあり、低価格で依頼できるところが人気です。

修理の歴史

以前のガラケーの時代から、中心を担っていたのは各メーカーやキャリアです。
独自の保証やサービスを打ち出すことでユーザーを囲い込み、すべての面において自社のサービスを使わせるという方式です。
一方でそういった保証の対象外のユーザーやユーザーに毛が生えたような個人業者というのもありました。
ガラケーの末期ともなると個人でネットで各種パーツを購入する事も可能でしたし、技術的にも安定してきていたので、人によっては自作してしまう人などもいました。
これらの二極化はスマホになっても同様であり、基本的にはメーカーやキャリアの保証を使っている人がほとんですが、個人向けにパーツを売り出している業者なども存在しています。

今後の動向

最近はスマホ自体の需要が飽和状態にあり、それに応じて修理を受けおう業者も他の道を模索し始めました。
例えば、携帯キャリアなどでは各メーカーでバックアップ用のアプリを作ったり、クラウドサービスと呼ばれるネット上でのバックアップを提供し始めていたりいしますし、メーカによっては故障時のデータ復旧まで始めている企業もあります。
個人向けの業者はもっと多角化してきており、データの復旧はもちろんの事、中古端末の販売や買取、付属品の販売、変わった所だと海外製スマートフォンの個人輸入や販売を行っているメーカーなどもあります。
このような多角化はこれからどんどん進み、新しいサービスが考え出されたらそれもすぐに広まるという状態がこれからも続くでしょう。

オススメリンク

ケータイ

復旧の内容

データ復旧と言っても、一部のデータしか復旧されないんじゃないか。できないデータもあるんじゃないか。と不安に思っ…Read more
ひび割れ

データを残す

スマホを落として画面が割れちゃった。スマホの電源が入らなくなった。修理に出したいけれど、データが消えそうで不安…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

BACK TO TOP